革工房 琥珀堂 日記 › 2014年02月12日
琥珀堂ホームページはこちら
琥珀堂フェイスブックページはこちら

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2014年02月12日

レッドウィング補修02

皆さんこんにちは^_^

先日アップしたレッドウィングブーツが…
あと一歩で完成の所から…
一部凡ミスにてやりなおしであります(^^;;

こちら左足は綺麗に仕上がりました^_^




が…

こちら右足は…仕上げで一部滑らかさに欠ける部分が(T_T)
再度綺麗に仕上げるべく最初からです。
とは言え…お客様が見ても分からなかったかも知れませんね。
だからといって満足出来ない物を出すのは…ねえ。



↑写真に写っているデコボコしているのは革用のパテなんです。

なるべく使わない様にしていますが、
このブーツの様に痛みが酷く穴やキズがある時には重宝します。
普通のパテと違い、乾いてからも柔らかくて柔軟性があるので、
動きのある部分にも対応出来るんです。

と言う訳で納期が延びて申し訳ありません(お客様へ)
順次早急に対応させていただきます。

さて…ミスの紹介だけではなんですので、
当工房で補修するとこんな感じで良いんだぜ!!!キラッ!!!って所もご紹介します。

右側の背に以、前違う業者さんで施工したらしき縫製直しの跡がありました。
縫い穴が思い切りずれてますね(^_^;)
頑丈で、値段が安ければイイやと言う場合は別ですが、
あまり良い仕事ではありません。
しかし革の痛みを考慮して今回はこのままにしてあります。




で、こちらが私の仕事です、えっへん。
同じ部分を同様に再縫製してあります。
勿論痛みの程度によりますが、
手縫いでしたらこの様に縫製跡が分からない様、仕上げる事が可能です(^o^)




実際私の周りでもボロボロで履けないブーツを持つ友人は多いです。

ボロボロになってしまったレッドウィングなどありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さいね^ ^







お任せ下さい!!革の補修、色替え

工房情報

レザーテック特約店
工房店主:関口忠行
屋号:革製品の補修・塗り替え工房 琥珀堂
工房住所:高崎市吉井町吉井川549-7
製品発送先住所:高崎市吉井町矢田149-11
(不在が多いので、いらっしゃる場合は携帯まで一報下さい)
電話:090-9954-1111
営業時間:金曜・土曜・日曜・祝日の10:00〜仕事が片付くまで


宜しければポチッとお願いします!!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


自転車(改造・メンテナンス) ブログランキングへ  

Posted by 琥珀堂 at 10:06Comments(0)補修例