革工房 琥珀堂 日記 › 2013年10月28日
琥珀堂ホームページはこちら
琥珀堂フェイスブックページはこちら

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2013年10月28日

皮と革について「皮から革へ」

皆さんこんにちは。

雨が続き…ウォーキングをサボっていたお陰で、
今日久しぶりに歩いたら調子が悪いこと悪いこと…

身体が重くて仕方がありませんでした(^_^;)

風邪も引きづっているから…としておきましょう。

さて、
ちょっと革業者のブログ記事で見たのですが、
皮と革の違いって意外と知らない方多いのですね。





私も昔は知りませんでしたし、
普通はどちらでも言いジャン〜ってなりますよね。

実際言葉の意味的には同じなのでしょうけど、
業者的には使い分けております。

英語で表記するとこれが分かり易く、
皮は「スキン(Skin)」です。
革は「レザー(Leather)」です。

これですでに何となく想像出来ますよね?

スキンは加工していない皮。
素肌の事もスキンなんて言いますよね。

そして、おおざっぱに言えば、
皮を腐らないように加工した物が革になります。

レザークラフトとは言うけどスキンクラフト…とは言いませんね。
レザーリペアとは言うけどスキンリペア…とは言いませんよね。
スキンリペアって、化粧品屋さんとかかも/

…まあ大まかにですけどね。
ここら辺は私たちの様な修復業は研修を受けて詳しく学びますが、
まあ…興味がない事なんてすぐに忘れてしまうのは皆同じですね(^_^;)

個人的に皮の財布が欲しくてさ〜と友人に言われると、
血がしたたった…とまでは言いませんが、
新鮮な動物の皮を想像してしまったりします。

そういえば毛皮は「皮」の字を使いますね…

どうでもいい話ですね(^_^;)

ではでは。







お任せ下さい!!革の補修、色替え

工房情報

レザーテック特約店
工房店主:関口忠行
屋号:革製品の補修・塗り替え工房 琥珀堂
工房住所:高崎市吉井町吉井川549-7
(出張修理などで不在が多いので、いらっしゃる場合は携帯まで一報下さい)
電話:090-9954-1111
営業時間:金曜・土曜・日曜・祝日の10:00〜暗くなるまで


宜しければポチッとお願いします!!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村  


Posted by 琥珀堂 at 16:14Comments(0)日々徒然